【いちばん便利に買えた】マキタ掃除機18vをバッテリー6.0Ahにして2ヶ月使ってみた感想口コミします

6.0Ahのバッテリーは全然減らない

マキタの掃除機を購入して丸2ヶ月。購入してよかった点と一番賢いおすすめの組み合わせをお伝えします。

まず、純正だと3.0Ahのバッテリーを6.0Ahの組み合わせで売ってくれているほうを購入して本当に良かったです。

ぜんぜんバッテリーが減りません。普段の掃除では、メインにルンバが駆けずり回ってくれているので、マキタの掃除機はドライヤー後や愛犬の抜け毛などで使用しているんですが、掃除機だけの利用なら1ヶ月くらい持ちます。

バッテリーの持ちがいいとなにがいいかって、稼働時の勢いも強いままなので、充電が少なくなってパワーが落ちてくるまでのピーク時間が長くなるということにも繋がります。なので、長時間・長期間快適に掃除をする上で6.0Ahはとてもおすすめです。

マキタ掃除機サイクロン付きを選んで欲しい理由

サイクロン付き・なし吸引力の違い

サイクロンのありなしで吸引力の検証をしてみた結果、ゴミが溜まってない状態だと意外にもサイクロンなしのほうが吸引力が高かったです。

ただ、紙パックにゴミが溜まってきたらやはり吸引力はどんどん落ちてしまいます。サイクロン付きのほうはゴミが増えても吸引力がほぼ変わらない。なので、毎回紙パックのゴミを捨てますという人はサイクロンなし。それは面倒だしコストがちょっと…という人は、サイクロン付きをおすすめします。

サイクロン付きなら掃除機の掃除のメンテナンスが楽

サイクロンが付いているマキタの掃除機なら、ゴミはほとんどサイクロンに溜まります。紙パックのほうにはサイクロンのフィルターをすり抜けたチリくらいしか溜まりません。

この仕組みがすごく便利で、ゴミがどのくらい溜まっているか確認できて、捨てるのもサイクロンアタッチメントを外してポイなので、手も汚れません。

しかもサイクロンのパーツすべて水洗いができるし、洗うのも簡単

掃除機の掃除ってじつはスゴく面倒な部分だと思うのですが、マキタの掃除機はそこまで考えられていて、どのパーツも大体外れて、大体丸洗いできるので便利。8年前のダイソンを使い続けていたので、この掃除機の掃除が楽になれることの心地よさをとても実感できています。

紙パック式のダストバッグどれを選んだらいいのか問題

【ダイソン歴8年が驚いた】マキタのサイクロン掃除機18v☆使い勝手徹底検証【CL282FD】

結果としては、高機能不織布ダストバッグに排水溝用の水切りネットを組み合わせて使うのがおすすめです。

上記動画内で、紙パックのダストバッグ・高機能不織布のダストバッグ・不織布のダストバッグ、この3つの吸引力に違いがあるのか検証してみたのですが、紙パック式は他の2つに比べて吸引力が少し落ちたけど、不織布タイプにはあまり違いを感じられませんでした。

なので購入時のセットにどちらかの不織布ダストバッグが付いていたらそれを利用して、ゴミを捨てる手間をさらに減らしたい場合には排水溝用の水切りネットを組み合わせて使うことをおすすめします。

マキタの掃除機おすすめのセットを安く買いたい

マキタの掃除機を買おうと思うと、グレードとかセット内容が色々とあってとても選ぶのが難しい。

バッテリーが純正じゃないものは値段が安く抑えられていいけど、故障時の保証が受けられなかったり、発火の恐れがあったりと、それなりにリスクを抱えなくちゃいけない。

となれば、ここは素直に純正セットの組み合わせで賢く買いたいと思ってしまう

ただ、バッテリーの容量はやっぱり買い足すより最初から6.0Ahになってるのがいいな♪そう思っていたものが販売されていたのが工具の匠さんで売っているセットでした。


ここなら純正の6.0Ahバッテリーに純正の充電器、サイクロン付きタイプのマキタの掃除機に、紙パックと高機能ダストバッグがセットになっています。

日曜大工などのDIYなんかに興味が出てくると、マキタの製品を集めたくなってしまうもので、その足がかりとしても掃除機のバッテリーを併用できれば、他のアイテムも買いやすくなっていけるので、マキタデビューをここから始めてみるのは賢い選択になれるはず♪

タイトルとURLをコピーしました