犬がトイレ以外でオシッコをわざと失敗した理由を考える

明らかにオシッコをわざと失敗した!

愛犬フレンチブルドッグこうめさんと暮らして丸6年

こんなことあるんだ…

まさか6才にもなってオシッコを失敗するなんて…

状況をしっかり説明すると長くなっちゃうので、お時間あればどういう状況でオシッコをしたのか、その後の対応の仕方などを動画でお楽しみください。

あなたは何故そこでオシッコをしたのですか?

 

愛犬は、寝グズリでオシッコをしたのか?

新しく購入したソファー

このローソファー犬の飛び降りや段差が心配な暮らしに寄り添えて安心です
犬との暮らしに最適なソファーってなんだろう? 犬との暮らし7年目、年を重ねるごとに気になってきたソファーの段差の上り下り シニアになる前に、犬も人も安心できるソファーを追及した結果、たどり着いたのは、「ローソファー」でした。 ...

とても犬が気に入ってたのに、なぜかそこにオシッコ…

その場所は昨年の夏ごろから寝グズリで寝床掘りをしていた場所

そのポイントを失ったことによる抵抗だったのかな…
でも、それよりも前の4年半以上はそこにソファーがあったんだから違う?

なにぶんオシッコをした時にお風呂に入っていたので、真意がつかめないままだったんですが、まさかの事態!

あなたは何故そこで再びオシッコをしたのですか?

数年ぶりのイタズラおしっこから、わずか数日で再びオシッコの失敗!

というか、完全に確信犯
しかも、現行犯

今回は、寝グズリしている様子が可愛かったので【飼い主がちょっかいを出す致命的な過失】もありつつですが、わざとオシッコをする状況を誘発してしまいました…

こんな風に愛犬をちゃかしてはいけないという失敗例として、動画は楽しんで貰えたら幸いです。

 

イタズラおしっこをしてまで訴えたかった愛犬の想い

短期間に2度のオシッコ失敗

考えられる原因は、やはり寝床掘りポイントの消失と新しいソファーの匂い

これが一度に訪れたことで、わがまま度がピークに達するオネムの時間に、不満が爆発していたのだという見解に達しました。

2度のわざとオシッコ失敗から1ヶ月が経って

2回目の失敗から、寝グズリの時にきちんと構ってあげる、寝床を掘りたい衝動を「撫でたり、カミカミアイテムで気を紛らわせたり」などしていた結果、その後オシッコすることはなくなりました。

愛犬も年を重ねてきて、自分の主張みたいなものが年々増えてきました。

これは甘やかしているからなのか、それとも犬とはそういう生き物なのか、スペシャリストではないので分かりませんが、意思表示をしっかりしてくれていることをボクは嬉しく思います。

なにが楽しくて、なにが不満なのか

言葉を交わすことができない関係の中で、行動で示してもらえる喜びを感じてます。

甘やかしすぎはよくない

よく指摘される部分ですが、さすがに犬の意思を全部聞いてあげることは難しいけど、時間が許す限りは、なにを考えどう行動したいのか、その気持ちは出来るかぎり汲み取りたい

飼い主の都合で飼って
飼い主の都合に合わせて暮らし
飼い主が喜ぶことが犬の喜び

これをして貰えることはとても有難いけど、犬自身の気持ちはどこに向いているのか

ここを知りたいという思いが、一緒に暮らして4年を過ぎたあたりから強く感じています。

もの凄く犬って考えてますよね
どうしたらいいのか、どうするべきなのか
さらには、どうしたいのか

この狭間で葛藤している様子がじっくりと犬を見ていると分かるから、最後のどうしたいのかをすごく知りたい

この暮らし方では、甘やかしすぎの失敗が今回のオシッコの件のように増えるかもしれない
とはいえ、そういうことも含めて、犬が喜ぶことを増やす暮らしが出来るならと考えています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました