進化が止まらない赤ちゃん用ヒップシートが犬の抱っこにも最適な理由【PR】

赤ちゃん用ヒップシートが犬のドッグスリングに使える

赤ちゃん用ヒップシートを、愛犬の抱っこのときのサポートアイテムとして、ドッグスリング代わりに夏に使い始めてから早3ヶ月。

どうして犬専用のアイテムとして、こういったヒップバッグをどこも発売しないのか不思議なくらい、とても便利に使えています。

もちろん赤ちゃん用なので、犬に使うには不便な点もあったりしたのですが、今回コペルタの赤ちゃん用ヒップシートがさらに進化して、その不満点を解消しているかもしれないということで試してみることに。

コペルタのクイック版ヒップシートのほうが犬におすすめ

前回試してみたアイテムでは、荷重の分散と、赤ちゃんのホールド力アップに貢献している肩から斜めがけできるショルダーパーツがついていたのですが、犬用としてヒップシートを使う場面では「不要&載せ下ろしのときに面倒」だったので使っていませんでした。

そんな頻繁に載せおろしをさせたいユーザーのことを考えた改良版【Copertaクイック版ヒップシート】が今回試してみたアイテムです。

ショルダー付きとなしで、「腰や腕への負担&載せ下ろしの利便性は向上しているのか」チェックしてみたところ、とても好印象な結果を得ることができました。

まず載せ下ろしの利便性。
これは、以前のタイプでもショルダー部分のアイテムを外しておけば、取り付けパーツがピロンピロンしていましたが、載せ下ろしに不便さは感じていませんでした。

とはいえ、乗っている愛犬こうめさんにとっては、お腹部分にこのパーツがあったことを考えると、やっぱりないほうが違和感がなくなるので、乗り心地が向上したと思います。

そして腰や腕への負担の点ですが、腰の負担が明らかに軽減しました。
今回のクイック版での改良点として、ショルダーをなくしただけじゃなく、赤ちゃんが乗る部分の座面のクッション性のアップと、装着者の骨盤にあたる部分のクッション性がアップ。

これのおかげで、腰に食い込む感が激減。
長時間乗せていると、食い込んで痛みを感じていたのに、その負荷がかなり気にならなくなりました。

座面や座面の端に盛り上がっているクッションの厚みも改良が加わっていて、より滑りにくく、より落ちにくい仕様も施されていたので、ほぼほぼ犬用としても完成品に近いと感じました。

これ以上の使い勝手を考えるのなら、ドリンクホルダーは今とは逆側についているほうが便利。それくらいなのでクイック版の次は、犬用コペルタヒップシートの開発をどうぞよろしくお願いします。


タイトルとURLをコピーしました