SNSフォローボタン

SNSやってます

あなたは大丈夫?忙しいと乱れる3つのこと

お気軽にシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
のんびり

忙しいことを誇らないほうが良い

絶賛多忙中です。
ブログを書くこともままならないほど
締切の恐怖と格闘する日々を送っています。

昔はこんなことを誇らしげに言ってました。
いまボクは非常に重要な仕事に取り組んでいるんだと
ギリギリのスケジュールをスレスレでかわしているんだと

でも最近は忙しいことは良くないなと思ってきました。
忙しいと失われることがたくさんあって
その中でもとても重要なポイントを3つほどお伝えします。

食が乱れる

忙しいと食事を作る時間が取れない
必然的にコンビニ弁当やファーストフード
インスタント食品など手軽に食べられるものになります。

おまけに仕事のストレスから
刺激の強い食品や飲料を体が欲します。

それによって体の中からどんどん不健康に…

睡眠時間が減る

忙しい時に一番犠牲にしてしまうのが睡眠
この時間を仕事にあてるとかなりはかどります。

でもその悪影響は大きくて
集中力が落ちて仕事の効率も悪くなります。

長時間仕事をすることが当たり前になると
一体今までの2時間なにをやっていたのか
というような自分の中で謎の空白が生まれたりします。
これホント不思議…

仕事はちゃんとしているんだけど
あまり必要ではない行動さえ仕事の時間内に含めてたり

睡眠時間が十分あると
こういった無駄な時間の判別が
ちゃんと出来るハズなのに
仕事相手のやりとりの中で
無駄時間が生まれやすくなったりしてしまうんですよね。

心が大いに乱れる

一番ひどいのは心への負担です。
仕事の重圧からストレスを感じ
自分のみならず他人にも非常に厳しい態度をとってしまったり…

こんなにがんばってるのに
なぜぼくだけがこういう目に
いつになればこの心の負担はなくなるのか…

もぉ仕事でキツイのか
被害妄想がヒドイのか
とにかく自分の境遇にイライラして
他人の緩やかな心にトゲをむき出しにしてしまう

誰のための・なんのための仕事なのか

仕事の意義は人それぞれ違うと思います。

仕事が生きがい
仕事は趣味
仕事は生活するため
仕事は遊ぶために仕方なく

結局のところ仕事の時間も含め
豊かな暮らしをするために
一所懸命に仕事に励んでいる人がほとんどだと思います。

さてその豊かな暮らしとは
上記を犠牲にしてまで得る必要があるのかどうなのか

働き方に関して
非常に最近考えていることで
それはもちろん暮らすことに直結してる

豊かに暮らすって
仕事と向き合うんじゃなくて
命と向き合うんじゃないか
そんなことを考える日々です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

お気軽にシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSやってます