小型犬・中型犬のためのシンプルでおしゃれなデザインのケージおすすめ特集

※出来る限りタイムリーな情報になるよう継続更新しています(2020年2月更新)

ケージ?ゲージ?サークル?犬用の檻・かご・囲いはどれが正しい名称なの?

cage

フレブルを迎え入れるにあたって部屋にケージを置こうと色々と調べています。
そこでケージなのかゲージなのか、はたまたサークルなのか、という疑問が湧き上がり違いを調べてみました。

ケージ(cage):檻、かごという意味

ゲージ(gauge):規格、基準、計量

サークル(circle):円、円形、丸

ということで、囲いとなるものはケージが英語の意味としては正しいのかな。
ただ、このケージにも檻とかごという意味があって、犬の家となる移動式のハウスもケージと呼ぶのか、クレートと呼ぶのかハウスなのかって疑問が…

一応、クレート(crate)は、木箱・編みかご、などの意味があります。

とりあえず、ここでの紹介は犬の檻・囲いとなる
シンプルでおしゃれなデザインのケージを紹介したいと思います。

hokuocage

フレンチブルドッグを飼うことを決めて、犬用品をいろいろと物色しているわけですが、やっぱり家のスタイルにマッチしたものを選びたい!

そんなこだわりを持つと、どうしても価格帯は高くなってしまうのですが、これから10年以上使うものと考えれば家具と同じ価値観で選んでもいいのかな。でも安くていいものがあればそっちでも…そんな風に思いつつ

今回ケージを選ぶ基準にしたのが

□ 90×60以上の大きさ(成犬なったときを考えると横幅は100センチ以上欲しい)
□ 屋根のあるなしは考慮しない(屋根は代用したり、カスタマイズもできるしね)
□ シンプルで落ち着いた色味
□ 格子の圧迫感が少ないもの
□ 価格は多少高くても長く使えそうならば…

こんな条件でかなりのサイトを見尽くして買ったものと、犬と暮らして6年経った2020年時点で再度調べたものの中からおすすめ出来るケージのみをこれからご紹介します

デザインへのこだわり派におすすめのケージ・サークル

品質や使い勝手を重視して選びたいという方にはこちらがおすすめです

長さを自在に変化させることが出来る! リッチェル木製スライドペットサークル

落ち着いた色味と長さを自在に変化させることが出来る
「リッチェル木製スライドペットサークル」

木製スライドペットサークル
ペットの成長やリビングのスペースに合わせて、伸縮できる!

リッチェルはサイズやバリエーションがかなり多いのですが、その中から成長や家の間取りに合わせて自在に変化させることができるスライドペットサークルがおすすめ

幅は90~154cmまで、11段階に調節可能
レギュラーは、奥行60×高さ60cm:小型犬用(体重目安/4〜12kg)
ワイドが、奥行79×高さ70.5cm:小型犬・中型犬用(体重目安/4〜20kg)

家の間取りにジャストサイズのケージを見つけるのは難しいけど、これなら幅の調整が効くのでかなり部屋に馴染む配置にできる

木製部分の色もナチュラルとダークの2色展開でテイストに合わせて選べるし、ケージの下の床はどうするのか問題には、お手入れ簡単なトレーが付属しているので悩む必要なし
サイドには、取り出し用扉がついているので使い勝手のバリエーションが多いケージです

さらにオプションで屋根や仕切りなども購入できるので、さまざまな環境の家に対応できる商品だと思います。定価4万円程ですが、各サイト2万円代で購入可能です。(サイズ・バリエーションが多いので商品選択は慎重に)

おしゃれで白が人気のケージ!木製ワンタッチペットサークル

ナチュラルな色合いが可愛い木製のペットサークル
安心の日本製で木材はヨーロッパ産の無垢の天然木ブナ材を使用している「木製ワンタッチペットサークル」

ワンタッチペットサークル | SLEEPY
「SLEEPY」の「ワンタッチペットサークル」カテゴリーの商品一覧

ほぼすべてが木材なのでガブガブが宿命の子犬期には少し心配だけど、刻んだ歯形が歴史になると思えばそれも味になるし、組み立てが簡単というのは女性でも安心して購入できていいね

サイズ展開も豊富でS~LLのハイタイプまでと犬種に合わせて選べる感じもGood!
なによりこのシンプルなデザインと角の面取りのクオリティから作り手のこだわりと優しさが溢れてます
ベーシックなMサイズは、幅1248×奥行656×高さ655mmで2万円切るとか木製でこれは価格破壊レベルです

色味も明るいナチュラルと人気のホワイトの2色展開で、可愛らしいインテリアにマッチするタイプのケージだと思います。

天然木の横スライド式で開くアクリル扉が個性的!ワンケージ Wan Cage


もっと木の質感にこだわった、しっかりとした作りの本格派が欲しいという方にはこちら「ワンケージ Wan Cage」

天然木無垢タモ材を使用していて格子が珍しい横タイプ。しかも扉がアクリル扉になっているので視認性が抜群です。

大きさは販売しているショップによって表記がまちまちなんですけど、上記画像の楽天ショップを参照すると組み合わせ方で拡張できるようになっていて

Lサイズ:幅120cm×奥行60cm×高さ60cm
LLサイズ:幅120cm×奥行110.8cm×高さ60cm
amazonは拡張タイプではなく
LLサイズ: W1350×D1080×H720

といった感じで同じワンケージの名前で色々と仕様が違っているみたいなので、購入時のショップの数値をきちんと確かめたほうがいいです!
※追記:サイズはちょくちょく変更あるみたいなので購入先の表記を参照してください。

木目のカラーもショップによって選べるものが違っていて、楽天だと3色・Amazonは2色のところが多く調べてみて安心感があるのは記載している楽天のところかなと感じてます。

扉がアクリルで引き戸という変化球は、子犬期の写真をケージの中にいる状態でもパシャパシャ撮りたいという願望を叶えるのには良い作り。価格はサイズにもよりますが3万円以上だけど他のケージでは得られないデザイン性が目を惹きます

格子レスなアクリルが開放的!Wish Woodペットサークル

天然木のサークルを主体に、丸格子・メッシュ・アクリルから選べるバリエーションの多さが魅力のペットサークル・ケージ専門店Wish Wood

犬・ペットサークル、ケージ、ゲートの専門店【WishWood】
犬用サークル、ゲート、ケージなど木製ペット家具の通販サイト。天然木使用、安心の国内メーカー製家具を豊富にお取り扱い。原料の安全性が気になる方にも安心のペットに優しい製品です。お部屋の雰囲気を壊さずにペットと過ごせます。

さすが専門店だけあって、拡張性やカスタマイズ性が高く、多頭飼いや広々過ごしてもらいたいと考えているなら日本製の技術が際立つケージ専門店から選ぶのがGood!

しかも色は定番のブラウン以外に人気の白(ホワイト)もラインナップされていて家のスタイルによって合わせやすい色選びが出来る上に、定番の格子から正面とサイドまでがアクリルという犬にとっては見通しがよく、飼い主にとっては撮影し放題のスケルトンハウスっぷりは他では絶対手にできないデザインです。

長方形や真四角(スクエア)
上まで覆った巣穴のようなタイプに空間を仕切るゲートなど形のバリエーションも豊富なので、家の間取りにジャストなタイプが見つかるかも

ぼくが気になったサイズは
Wish Woodペットサークル60s
幅1250×奥行き650×高さ600mm

と定番の大きさですが、各ショップのリンク先では色んなバリエーションが見れるようにしてあるので、ケージデザインの幅の深さを感じてみてください。

拡張性とシンプルなデザインが魅力! 北欧スタイルケージ(スカンジナビアンペットケージ)

※追記:商品名が変わって現在は「スカンジナビアンペットケージ」として販売されています。

悩みに悩んでわが家で選んだのがこの「北欧スタイルケージ」

デンマーク産のストーブや暖炉の囲いとして売られているもので、BabyDan(ベビーダン)のハースゲートを日本ではwe ONLINE STORE という小さな個人商店が「北欧スタイルケージ」の名称で販売開始しました。

※追記:今では大人気商品(スカンジナビアンペットケージに変更)となって取扱店舗がぐんぐん増えています。

サイズも色々とあり拡張性もばつぐん!
ベーシックな長方形から八角形、さらに家の壁を利用したケージスタイルまであり、オプションの幌天井や単品の拡張ケージと生活スタイルに合わせて自在に組み立てることができます。

木製ではないのでかじられてもヘッチャラ。わが家も子犬期に良いだけカミカミされましたが意外と傷も目立たず6年経過した今でも丈夫さは折り紙付き

ちなみにベーシックな長方形のサイズは3万円代で
幅1450 x 奥行720 x 高さ710mm

人気の白・サイズ小さめなどバリエーションは年々増えています。

アマゾンでは同名で取り扱いが見つけられないのですが、北欧スタイルケージの元となったBabyDanハースゲートはあるので、長方形を目指すならレビューを参考に同一商品をカスタマイズ制作するのもありかも

最初は手軽にシンプルなおすすめのケージ・サークル

ゆくゆくはケージなしでも、引っ越しするかもしれないし、先々よりまずは手軽なものを選びたいという方はこちらがおすすめです。

ケージと床の一体型で便利に!アイリスオーヤマ ウッディサークル

ケージ選びと共に意外と悩むのがケージの下の床部分をどうするか問題

なにか敷くのかそのままなのか、子犬期は絶対にトイレの失敗があるので床が汚れるのは宿命です。

そういうことまで考えられて作られたこのケージは、一体型で汚れても洗いやすい材質の床があるので飼い始める際にとても便利

サイズ展開も
幅120×奥行66.5×高さ55.5cm
ベーシックなロータイプなら1万円ちょっと

小型犬に十分なサイズ
幅約97.5×奥行約66.5×高さ約55.5
これなら1万円を切る価格なのに、シンプルでおしゃれなデザインはさすがアイリスさんの企業努力

ただロータイプ高さ55.5cmは犬種によっては簡単に飛び越えられるので屋根付きや高さと奥行きがもうひとつ大きいサイズにすると安心です。

1万円切っちゃうのにスライドドア!マルカン フレンドサークル

低価格だからこそオールインワンで便利なものをというプロダクトが終結した形がこのフレンドサークル

ケージの扉って開いたまま動線にあるとけっこう邪魔です。なのでスライド式っていうのは気づきにくいけどかなり使い勝手の良い部分。価格重視で選ぶならこれ1択

Mサイズは5000円代
920x600x550mm
Lサイズは1万円切る価格
1175x625x655mm

シンプルでおしゃれなデザインの犬用ケージまとめ

ケージは犬にとってマイホームになる場所なので、かなり真剣に時間を費やして探し回りました。

楽天にアマゾンなど大手サイトのケージをすべて見て、さらにはさまざまな検索条件で探しだした結果、ぼくの琴線にふれたのが以上の品々です。

どれもステキなケージで、価格の魅力があるものから、木の魅力・大きさの魅力・デザインなどそれぞれ良い所は違いますが、一番大事なのは犬にとって充分な広さと長く使えることだと思います。

すべての商品の耐久性については各レビューを参考に、北欧スタイルケージ(スカンジナビアンペットケージ)に関しては、下記記事で動画を交えてたっぷりとレビューしているのでそちらも参考にして頂ければと思います。

家の中でかなり大きな存在感となるケージ
ぜひ慎重に、買い替えたりするのは廃棄の手間や手数料など無駄な出費となってしまうので、長く飽きのこないデザインのものを大切に使うことで結果コストパフォーマンスに優れた良品となるので、この記事を参考により良いケージと巡り合えることを願っています。

わが家が購入したスカンジナビアンペットケージの使い心地レビュー

動画付きで北欧スタイルケージ(スカンジナビアンペットケージ)の口コミをブログで長期更新
ケージ選びは犬にとってのマイホーム。それと同時に…犬にとってマイホームになるケージ選びそれは家のなかにサークルが「でんっ」と存在するということ、さまざまなフレブルの飼い方の本を読んでみるとサークルのベストな置き場所は直射日光が当た...

ケージ選びをする上で大切にしたことと、実際に購入して使ってみた商品の魅力、さらに組み立てまで北欧スタイルケージ(スカンジナビアンペットケージ)の魅力をたっぷり綴りました。

犬を飼う前にケージ以外になにを買っておけばいいの?

犬のケージ周り

ちょっと知りたい犬のケージまわりの使い方 成長編
犬のケージ周りのペット用品を準備する上で室内で犬を飼う(買う)際に準備しておかなくてはいけないのがケージ(サークル)とその周辺のペット用品。一体なにをいつ買えばいいのか。どんなものを用意するのが最適なのか。はじめてだと全然分からな...

室内で犬を飼う(買う)際に準備しておかなくてはいけないのがケージ(サークル)とその周辺のペット用品。
一体なにをいつ買えばいいのか。2年間暮らして完成したケージ周りの使い方についてお話しています。

フレンチブルドッグひろばバナーこうめさん

タイトルとURLをコピーしました