犬と暮らし | 季節によるお散歩の変化

秋おわっちゃったな…

愛犬こうめさんを迎えてからというもの、春と秋さえあればいいと思っているので、紅葉の彩りと穏やかで過ごしやすい気候の秋が過ぎ去ってしまうのはとてもさびしい。

犬と日常 マフラーと逆くしゃみの季節がやってきました

フレンチブルドッグは暑いのが苦手なのはもちろん、寒いのも苦手です。

こうめさんの場合、寒空の冬になにも着せずにお散歩に出かければ、足がブルブル…寒さですぐに家に引き返そうとするか、思いっきり駆けだします。

とくに寒風が吹いてきたりすると、留まっていられないと感じるのかダッシュダッシュ!
信号待ちのあとはたいてい駆けだすのです。

       ーーーーーーーーーー

ゆったりと紅葉や落ち葉を楽しめるのもあとわずかとなったら少し名残惜しさがあって、先日のお散歩では落ち葉拾いなど足元の彩りを堪能しました。

そこで気になったのが、動画の中でとりあげた【葉っぱなんだか木なんだかの堅い扇状の茶色の破片】

やさしい視聴者の方からコメント欄で教えて貰ったんですが、【シダーローズ】というものでした。

画像検索してみると、ヒマラヤ杉の松ぼっくりが見事に開いて木製のバラに見える華やかな写真がいっぱい
それがバラッバラになってる状態のところに足を止めてしまったみたい…

【逆くしゃみ】というシャックリのような状態にフレンチブルドッグは冬なりがち
というのも、それを止める方法があるというのも知らないという人がいるように、樹木や植物について結構気になっているのに何も知らないという状態をそろそろ脱してみようかなと考えています。

まずはこの本で雑草から勉強してみようっと♪

タイトルとURLをコピーしました